SEO対策 サービス内容詳細

2つのプランからお選び頂けます。

SEO対策の「SEO」とは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことで、
GoogleやYahooなど、検索エンジンの検索結果の上位に自分のサイトを表示させる為の技術のことです。

SEO対策の必要性

「調べたいことは、検索エンジンで検索する」という行為が一般化した現在の日本では、
「検索結果に表示されない」ということと、
「インターネット上にホームページがない」ということはほぼ同義と言えます。

普段、自分が何か検索したときに、3ページ目まで見ることはありますか?
ほとんど無いと思います。そして、あなた以外の方も同じです。

つまり、検索結果に表示されていても、それが、3ページ目以降であれば、
ホームページへアクセスを集める効果はほとんどないんです。

最低でも2ページ目、基本的には1ページ目、
つまり、検索結果の1位~10位で表示される必要があります。

だから、SEO対策を行って、検索結果の上位に表示する必要があるわけです。

SEO対策のコツ

さて、ここでちょっと試してみて頂きたいのですが、既に自社のホームページをお持ちの方は、
YahooでもGoogleでも結構ですので、自社の名前で検索してみてください。

おそらく、1位に表示されるのではないでしょうか。
同じ名前の会社があるなどの理由で1位でなくても、
きっと、10位までのどこかには表示されていることが多いと思います。

ただ、それが売上に繋がるか?ということを考えると、いかがでしょうか。

社名で検索する人、というのは、すでに御社のことをご存知の方です。
思いつくのは、社員、株主、取引先、内定者、就職希望者・・・などでしょう。

その方たちからのアクセスが、御社にとって、重要では無いと言うつもりはございません。
しかしながら、「売上の上がるホームページ」と観点で考えますと、あまり重要ではないのです。

上記のような方々は、御社の売上アップに直接繋がるような行動をするわけではないからです。

SEO対策が必要とは言っても、
どんなキーワードでもいいから順位を上げればよい、というわけではないのです。

売上の上がるSEO対策とは

売上アップに直接繋がるような行動をする人=潜在顧客をホームページへ集めることが、
「売上が上がるホームページ」を作るには、とても重要です。

では、潜在顧客をホームページへ集めるには、
具体的にどのようにSEO対策を行えば良いのでしょうか。

潜在顧客が御社の商品・サービスを検索する際に検索で使うであろうキーワードで検索された際の
表示順位を上げるようにSEO対策をする、というのがその答えになります。

例えば、ある企業の人事課長が人事管理システムを導入し、業務効率化を図りたいと考えたとします。
すると、このような検索キーワードが思い浮かびます。

  • 「給与管理」 → 勤務時間などのデータから、様々な控除や税を効率的に処理したい
  • 「勤務管理」 → 効率的に従業員の勤務時間情報を把握したい
  • 「労務管理」→ 各種教育、資格取得、福利厚生、人事考課といった人事制度をシステム化したい

人事管理システムを販売している企業であれば、
例えば上記のようなキーワードでSEO対策を行い、
実際に上位表示ができれば、潜在顧客を獲得できるチャンスは飛躍的に高くなります。

ギンガシステムでは、御社の商材や事業内容について詳しくお伺いし、理解した上で、
御社がSEO対策を行うのに最適なキーワードを調査し、ご提案させて頂いております。

SEO対策サービス概要

【料金】
対策をするキーワードによって異なりますので、お問い合わせくださいませ。
【サービス内容】
SEO対策の実施(外部対策および内部対策)
<外部対策>
外部のホームページから、対策するホームページへのリンクを設置します。
<内部対策>
検索エンジンが読み取りやすい作りのホームページを制作します。
また、検索エンジンのアルゴリズムが変更された際は、変更に併せて、随時、内部対策を行います。

問い合わせページへ